【海外登山】ネパールABCトレッキングは超初心者向け!

海外登山

コロナでなかなか海外登山にも簡単に行ける状況ではありませんが、いつか自由に行き来が出来る日を夢見て想像膨らませましょう。

今回は、前回まとめた「初心者でも登れる超ハードなキリマンジャロ登山」とは打って変わって「本当に初心者向け」とってもソフトなネパールのABCトレックについてです。

前回のキリマンジャロの記事はこちら

【海外登山】登山初心者でも行ける!キリマンジャロ登山のすすめ
コロナ渦、海外旅行に行けず発狂寸前の方が沢山いるかと思いますが、 コロナが明けたら是非行って欲しい、キリマンジャロ登山記録をまとめます。 キリマンジャロは素人でも登れる一番高い山と言われていますが、確かに普通の体力があれば素人で...

ネパールのABCトレックは昭和の空気を感じる緩やかな登山道で、初心者には本当におすすめの登山です!

ABCトレッキングとは?

ABCとはアンナプルナべースキャンプの略。

ネパールのポカラから出発し、標高4130m地点まで登ります

点在する村に宿泊しながらの登山になるので、ゆっくり登りたい人、最短で登りたい人、それぞれフレキシブルに日程調整が可能。

2017年に登った時の体験記なので少し古いですが少しでも参考になればと思います。

スーパー最短コース!日程詳細(登山日程4泊5日)

※日程はポカラへの移動は含めず

時間がなかったので、かなりハイペースの最短ルートです。

  • Day 1   ポカラ→キムチェ→ゴドラック(ランチ)チョムロン手前泊
  • Day 2   チョムロン→シムア(ランチ)→バンブー(通過)→ドバン(通過)                 →ヒマラヤンホテル泊
  • Day3   ヒマラヤンホテル→デオラリ(休憩)→MBC(ランチ)→ABC登頂!
  • Day 4    ABC→ヒマラヤンホテル(ランチ)→バンブー(休憩)→シムア泊
  • Day 5 シムア→ニューブリッチ(ランチ)→シワイ→ポカラ(タクシー)

ポカラからキムチェ(Kimche)という町までは、ツアーに含まれているタクシーで移動しました(バスもあります)。時間があればナヤプルから歩きはじめるのもメジャーです。キムチェはナヤプルから更に奥に入ったところにあり、ナヤプルかキムチェから登り始める人が多いと思います。

キムチェからは比較的緩やかな山道をひたすら歩きます。ABCトレック、つらいなーと感じるのが、階段の上り下り!山の傾斜をのぼる、というより山道の前半には沢山の階沢山あり、この上り下りが大変でした。

階段写真じゃないですが、初日の登山道の橋です。

ABCトレックにガイドは必要ない

登山道は複雑ではないため、ガイドは必要ありません。私たちは女子2人旅で、荷物を持ってもらうためにポーター1人を雇いました。ポーターさんが基本道もホテルも知っているので困ることはありませんでした。

お世話になったポーターさん↑

ちなみに、荷物を担いで行ける体力の自信がある人はポーターも必要ありません。1人で荷物を背負って地図を頼りに行ける登山道です。シーズン中は沢山の登山客がいるので、道に迷うこともそうそうありません。

私がポーターを雇って正解だったなと思ったのは

  • 色々な話が聞けること
  • GHの部屋が空いているのか自分たちで確認しなくてもいいこと
  • 重い荷物を背負ってくれること
  • 迷う事なく最短でのぼれたこと

でした。あと、登山に必要な書類申請一式も全部ポーターを雇ったツアー会社がやってくれました。こ個人で行くと自分で申請しなきゃいけません。

時間がないので最短で登頂したかったので、荷物は軽めに、そして道に迷う時間も惜しいのでポーターさんがいて本当によかったです。ゆっくり登山を楽しめる時間がある人は、居なくても大丈夫だと思います。

もし迷ってたら・・・

  • はじめてで不安ならポーターさんを雇う(スムーズです)
  • 極限まで節約したいなら1人でも充分登頂可能!

レンタルした登山グッツ

日本から準備して持っていたのは富士山に登頂する程度の登山装備です。さすがに標高が高い所は寒いので、下記の3点を現地でレンタルしました。

  • 厚手のダウンジャケット
  • 寝袋
  • ポーターさんが背負う大き目のリュック(ここに2人分の荷物をいれます)

以上3点、レンタル費用は2人分で21.4ドル(1人10.7ドル)。日本からすべてを揃えて行くより安いのでレンタルはお勧めです。でも質やにおいが細かく気になる人は日本から持って行った方が無難。

ちなみに、寝袋使用の際にインナーシュラフがあるととても便利です。私が持っているものはケシュアのインナーシュラフです。

QUECHUA (ケシュア) キャンプ インナーシュラフ・シーツ 枕ポケット付 - オーガニックコットン製
シュラフの中に入れてシーツとして使えるインナーシュラフ(シュラフライナー)。快適に眠れる肌ざわりのよい綿 100%。

これ1枚あれば寝袋が多少汚くても気になりません。インナーシュラフ自体とても薄いので日本から持って行っても荷物になりません。

就寝スタイルはこんな感じ↓

重い荷物はすべてポーターさんにお願いし、自分たちは普通のデイリュックを背負って歩いていました。女子2人分の荷物を担いで歩いてくれたポーターさん↓

1日のタイムスケジュール詳細と出費詳細(出費は2人分)

1日目(11月11日)ポカラ→チョムロン手前

  • 8:00 朝食@ポカラ
  • 8:30 ポカラ出発(タクシー)
  • 11:30 キムチェ到着、登山開始
  • 12:30 ゴンドラックで昼ごはん
  • 17:00 チョムロン手前のGHに到着

登山時間:約6時間 / 1日目出費:3200ルピー(約3100円)

2日目(11月12日)チョムロン手前→ヒマラヤホテル

  • 6:30 起床
  • 7:00 ホテルで朝ごはん
  • 7:30 出発
  • 11:00 シヌワ(Sinuwa)で昼ごはん
  • 13:00 バンブー着
  • 15:30 ヒマラヤホテル着
  • 18:00 ホテルで夜ごはん

登山時間:約8時間 /2日目出費:3540ルピー(約3400円)

3日目(11月13日)ヒマラヤホテル→ABC

  • 6:00 起床
  • 6:30 ホテルで朝ごはん
  • 8:00 出発
  • 9:00 デオラリでチャイ休憩
  • 12:00 MBC到着!昼ごはん
  • 13:00‐15:00 ABC登頂!! ABC泊

登山時間:約7時間 /3日目出費:3950ルピー(約3800円位)

4日目(11月14日)ABC→シヌワ

  • 5:45 起床&朝日
  • 8:30 朝食後ABCを出発
  • 12:00 ヒマラヤンホテルで昼ごはん
  • バンブーで休憩(何時か記録なし)
  • 17:20 シヌワ着

登山時間:約9時間 /4日目出費:3300ルピー(約3200円)

5日目(11月15日)シヌワ→ポカラ

  • 6:00 起床&朝ごはん
  • 7:45 出発
  • 12:00 ニューブリッジ(NewBridge)で昼ごはん
  • 15:00 シワイ(siwai)着→ タクシーでポカラへ

登山時間:6時間45分 /5日目出費:6440ルピー(約6300円)

ABC頂上の絶景写真

宿からの眺め↓

星空↓

朝焼けに染まる山↓

登山にかかった費用詳細

※ツアー会社などの大きな支払いは“ドルもネパールルピーもどちらも支払い可能”(日本円も出来るけどドルの方が使い勝手は良い)。登山中の細かい支払いは基本ネパールルピー。下記金額合計はドルに統一。

4泊5日登山 費用合計

  • ポーター代:242ドル(1人121ドル)
  • 登山レンタル品:21.4ドル(1人10.7ドル)
  • 登山中の出費:26700ルピー/約268ドル(1人134ドル)
合計 約523ドル(1人約262ドル)

安いですね!この安さもネパールトレックの醍醐味です。

登山中の食事

基本はダルバードばかり、と思っていた方がいいです。ダルバートとはネパールの定食で、豆カレーと米がメイン。お店によってはチョーメン(焼きそばみたいな)、モモ(餃子みたいな)、トゥクパ(ネパールのら―メン)、フライドライス、などが置いてあるところもありますが、どれも味が微妙なのでダルバートが一番おいしかった記憶があります。笑

基本的に米がやたらと多い!

登山中のゲストハウス

頂上のベースキャンプのみドミトリーで、他は全部個室でした。簡単なベッドが置いてあるだけで、トイレは別です。登山中基本シャワーはしないので顔をあらう位。

頂上のドミトリー

登山道途中の個室部屋

ABCは初心者でもゆっくり楽しみながら登れる!

時間がない人は最短4泊5日でABCまで行って帰って来られる!
もっと時間がある人は、ゆっくり滞在しながらのんびり歩くのもよし!

私たちはハードな日程にしましたが、登山道がゆるやかでハイキングの延長のような感じなので、初心者でも問題ありません。実際日本から来ている高齢の方のツアーグループもいました。もちろん、富士山よりも高い所まで行くので高山病には気を付けましょう。

高山病対策としては、水をこまめに飲む、無理な日程を組まない、寝不足登山はしない、などがありますが、もし心配なようでしたらダイアモックスを日本から持っていきましょう。

ダイアモックスは高山病予防の薬です。もともとは緑内障とか別な用途に使う薬ですが、高山病の薬としては定番の薬です。日本では処方箋がないと購入できないので事前に準備しておきましょう。予防の薬なので、高地に入る少し前から飲むことを進められていますが、私はキリマンジャロ登山の時に高山病の症状が出てから飲みました(ネパールでは使っていません)。それでも効果はあります。

ダイアモックスを処方してくれる病院はこちらで探せます↓

一般社団法人日本旅行医師団HP http://jstm.gr.jp/summary/

点在する村には普通に生活をしているネパール人が沢山いるので、そんな人たちを見ているとなんだか昔にタイムスリップした気分になります。次は急がずに、のんびり山歩きをしに行きたいなと思っています(^^)

     

番外編:ポカラでパラグライダーは嘔吐に気をつけて!

登山の前に、パラグライダーをしました!ポカラでは大人気のアクティビティ。ホテルのツアーデスクで申し込み、一人当たり60ドルでした。

もちろんプロの方と一緒に飛ぶので安心なんですが、私も友人も空でパラグライダー酔いしてしまい(笑)友人はお空からオエーと豪快にぶちまけてしまいました。

下界に降り立った後も数時間は2人ともダウン。初めての人は、1日ダウンする想定で予定を組んだ方がいいかもしれません。

でも、本当に絶景でした!写真や動画もCDに焼いてくれるので、とてもいい思い出になります。

ポカラを訪れた際には是非!

コメント

タイトルとURLをコピーしました